宇宙航空研究開発機構 ISASサイトマップサイトマップ

「あかつき」特設ページ トップ

金星探査機「あかつき」特設ページ

 

このページは、金星探査機「あかつき」に関する情報をまとめた特設ページです。

金星周回軌道投入から1周年(1地球年)を迎えます!

平成28年12月5日 [更新] New!

 金星探査機「あかつき」は、金星周回軌道投入(2015年12月7日)から1周年(1地球年)を迎えます。これを記念してプロジェクトマネージャの中村正人教授から皆様へメッセージをお届けします。
 また、IR2(2μmカメラ)による金星昼面の画像から作成したアニメーションを公開します。




 皆様に応援していただき昨年冬に金星周回軌道投入を果たした“あかつき”はこの12月7日に地球年で観測開始一年を迎えます。投入後の探査機は2回の軌道修正を終え、2018年冬まで軌道修正の必要はありません。今は、5つのカメラで撮った金星の映像と高安定発信器を使った電波科学のデータを日々取得し、地球に送り届けています。

 “あかつき”の素晴らしい成果に世界の科学者も拍手をしてくれています。これからはできる限り長い期間データを取得し続け、本命であるスーパーローテーションの謎を解明する事が出来るように、チーム一同頑張っていきます。今後とも“あかつき”に温かい目を注いでいただければ、これに勝る喜びはありません。

2016年12月
中村 正人

注目の画像


平成28年12月5日 [更新] New!

2μmカメラIR2による金星疑似カラー画像

[ GIFアニメーション(1.1MB) ]


IR2(2μmカメラ)による金星昼面のアニメ。2016年6月25日に撮影した8枚の画像から、スーパーローテーションがスムーズに表現されるよう補間しアニメ化したもの。

Animated Venus day-side image at 2.02μm by IR2. Original 8 images were acquired on 25 June 2016 and they are interpolated so that the super-rotation is smoothly visualized.
(© ISAS/JAXA)

平成28年11月21日 [更新]


IR2(2μmカメラ)が波長2.02μmで撮影した金星画像をアニメーションにしたもの。撮影期間は2016年6月16日から8月1日。
図中の「Sub-s/c」は「衛星直下」の略号で、あかつきから見た金星面の中心(欠けている部分も含む)を意味する。その経度と緯度、そして地方時(6時なら明け方、12時なら正午、18時なら夕方)を表示している。

A movie of 2.02-μm Venus images acquired by IR2 from June 16 to August 1, 2016.
"Sub-s/c" is an abbreviation of "Sub-spacecraft" which means the center of Venus disk including un-illuminated area. The longitude, latitude, and the local time (6h for the dawn, 12h for the noon, and 18h for the dusk) are indicated.
(© ISAS/JAXA)

もっと見る

軌道情報と金星の満ち欠けの様子

平成28年11月25日 [更新] New!
最新の軌道情報(「あかつき」の位置)と、観測している金星の満ち欠けの様子を紹介しています。

金星探査機「あかつき」の概要

金星探査機「あかつき」

金星探査機「あかつき」

「あかつき」プロジェクトの概要

観測装置・観測計画

観測装置・観測計画

「あかつき」の観測装置と観測計画

金星の概要

金星の概要

金星の概要

「あかつき」が向かう惑星、金星の概要

金星の科学

金星の科学

「あかつき」が解明しようとしている金星科学

※以下は2010年以前の記事です※

 


研究者の方向け

データアクセス

データアクセス

「あかつき」のデータは、科学衛星運用・データ利用センターの運用するデータアーカイブ・伝送システム(DARTS)にて提供しています。

ギャラリー

ギャラリー

「あかつき」の観測機器が撮影した画像のギャラリーです。

論文・ドキュメント

論文・ドキュメント

「あかつき」関連の論文、その他資料です。

連載記事

日本惑星科学会で発行している学会誌「遊・星・人」での連載「一番星へ行こう!」の記事一覧。


資料・企画

金星周回軌道投入以降


金星周回軌道投入以前