報道記事 of 齋藤宏文研究室


HOME > 報道記事

<NEW>
[1] 2015年9月16日
日刊工業新聞、 30面 「64APSKで高速通信 ―JAXAなど成功 衛星向け世界最速―」

[2] 2015年6月9日 日刊工業新聞、 19面 「衛星搭載通信機 消費電力5分の1に」
[3] 2015年3月10日 日本経済新聞、 14面 「超小型衛星から地上へ高速通信」
[4] 2015年3月4日 日刊工業新聞、 21面 「超小型衛星と最速通信 -毎秒348メガ達成」
[5] 2011年、電子情報通信学会誌 Vol.94, No5, pp.440-441.「高放射線耐性のシステムオンチップを“純国産”で実現」
[6] 2010年11月23日 朝日新聞社、asahi.com 「JAXA、耐放射線性のシステムLSIを“純国産”で実現」
[7] 2010年11月22日 日経プレリリース、「JAXA、耐放射線性を持つ高機能論理集積回路の開発基盤を構築」
[8] 2010年11月22日 日刊工業新聞 Business Lineプレリリース 「JAXA、耐放射線性を持つ高機能論理集積回路の開発基盤を世界で初めて構築」
[9] 2010年11月23日掲載、日刊工業新聞(14面)、「高放射線耐性のシステムLSI、JAXA三菱重工“純国産”で実現」
[10] 2004年 4月30日掲載、科学新聞、「世界最高の放射線性能,宇宙技術を民生分野で活用,高信頼半導体部品、JAXAなど開発」
[11] 2002年11月18日掲載、日本経済新聞(7面)、「宇宙向け割安CPU、三菱重工など開発着手」
[12] 2002年10月14日掲載、日刊工業新聞(4面)、「放射線耐性5倍に、宇宙研SOI基板で回路工夫」

1. 2005年(平成17年)8月26日(金) 読売新聞 12版 
「外国ロケット利用宇宙開発の転機に,衛星「きらり」「れいめい」」

2. 2005年(平成17年)9月24日(土) 日本経済新聞 13版 
「南極にたゆたうオーロラ,衛星「れいめい」観測の映像公開」

3. 2005年(平成17年)8月28日(日) 毎日新聞 11版 
「余禄」