ホーム of 齋藤宏文研究室

齋藤宏文研究室

研究内容

index2.png齋藤研究室では、次世代衛星技術の開発方向の見極めや人材育成を目的とし、小型高機能衛星の開発を行ってきました。開発の場では、宇宙研職員のみならず、学生も衛星開発に直接参加し、実践の場を通して宇宙工学に関する理解を深めることができます。2005年8月には、齋藤研が中心となり開発した70Kgの3軸姿勢制御のINDEX衛星(れいめい)をロシアのドニエプルロケットでバイコヌール基地から打ち上げました。新しい衛星工学技術の実証と、オーロラの科学観測を行っています。研究室と同じフロアに運用ルームがあり、日夜衛星運用を行っています。このれいめい衛星は、平成21年度の航空宇宙学会技術賞を受賞しています。これらの活動を通じて培った経験と研究者チームにより、次世代の衛星技術の衛星技術に関して多岐にわたる研究を行っています。以下では、そのいくつかをご紹介します。


最近のニュース

4 S Symposium で齋藤宏文(教授)が発表しました。

Compact X-band synthetic aperture radar with deployable plane antenna and RF feeding system through non-contact waveguides -Project
of a100kg-class SAR satellite -、2016/5/30-6/3、MALTA.
LinkIconSAR.pdf

HIGH SPECTRAL-EFFICIENCY COMMUNICATION in X BAND for SMALL EARTH OBSERVATION SATELLITES  - RESULT of 505 Mbps Demonstration and PLAN for 2 Gbps LINK -, 2016/5/30-6/3、MALTA.
LinkIconHIGH20.pdf

内閣府ImPCTプログラムで小型衛星搭載合成開口レーダの開発に着手

齋藤研究室は、内閣府研究開発プログラムImPACTの課題「オンデマンド即時観測を可能にする小型合成開口レーダ衛星システムによる安心の実現」(プログラムマネージャー 慶応大白坂先生)に選定され、2016年1月から3年間 で、100kg級小型衛星に搭載可能な合成開口レーダシス テムの開発に着手いたしました。
LinkIcon「オンデマンド即時観測を可能にする 小型合成開口レーダ衛星システムによる安心の実現」

LinkIconhttp://www.nikkei.com/article/DGXLASFS18H6D_Y5A910C1PP8000/

2015年9月3日 東京大学より、プレスプレスリリースを行いました。

 東京大学より、プレスプレスリリースを行いました。
地球観測衛星では世界最高の周波数利用効率を持つ64APSK変調方式を使用して
 毎秒505メガビットの高速ダウンリンク通信に成功
 -小型衛星における伝送速度の世界記録を更新-
資料.jpg写真は64個のパターンの写真

2015年8月24日 小型衛星 れいめい 10周年

 齋藤研が中心となって開発し、2005年に打ち上げられた 小型衛星 れいめいが、打ち上げ10周年を迎えました。れいめい衛星は順調に飛行し ており、充放電サイクルを5万回以上経ている長寿命のリチウムイオン電池の評価などの観測を継続しています。
 8月22日には、長年の開発や運用に携わった方々が集い、昔の苦労話に花を咲かせたり、南極で衛星受信をしてくださった方の経験談を伺いました。

The 2015 IEEE AP-S Symposium on Antennas and Propagation and URSI CNC/USNC でプリランド リズキ アクバル(プロジェクト研究員)が発表しました。

プリランド リズキ アクバル(プロジェクト研究員):[X-BAND PARALLEL-PLATE SLOT ARRAY ANTENNA FOR SAR SENSOR ONBOARD 100 KG SMALL SATELLITE] July 19-25, 2015. Vancouver.

30th International Symposium on Space Technology and Science(ISTS) で深見友也(学生)が発表しました。

深見友也(学生):[Field Tests of 348 Mbps High Speed Downlink System for 50-kg Class Satellite] June 4-10, 2015. Hyogo Japan.
LinkIcon2015fukami20kobe.pdf
LinkIcon2015ISTSfukamiposter.pdf