宇宙科学研究所 海老沢研究室へようこそ

大学院進学・編入を目指す方たちへ

私(海老沢)は主にX線天文衛星を使って、ブラックホールに代表されるコンパクト天体や、天の川からのX線放射の観測的研究を行っています。日本のX線グループの一員として、グループの発展に協力するとともに、海外の衛星データもどんどん使っていきます。また、X線、スペースからの観測にこだわらず、他の波長の観測、地上観測もやっていきたいと考えています。今までにチリ、ハワイ、南アフリカで赤外線観測を行いました。大学院生も「すばる」望遠鏡のプロポーザルを書いてハワイで観測したり、単独で南アフリカで観測することもあります。私の研究室の大学院生には、原則として衛星データと地上データの両方を解析できるようになって頂きたいと考えています。X線に足場を置きながらも、地上観測もやってみたい、という意欲的な学生を歓迎します。

私は東京大学大学院理学系研究科天文学教室の併任教官なので、私の研究室に入るには、東大天文教室の入学試験を受けることが必要です。(合格に関しては責任を持てませんが)私の研究室に来られたら、辻本助教と協力して、良い修士論文、博士論文を書けるように精一杯指導します。修士からの入学と、博士からの入学が可能です。

私の研究室に入った大学院生は、宇宙科学研究所に机を持ち、宇宙物理学研究系に属する学生と一緒に勉強します。修士一年、二年のときは、本郷での講義に出席することが必要ですが、基本的に研究活動は宇宙研で行います。大学共同利用機関である宇宙研の大学院生として、自分の研究を行うだけでなく、人工衛星の運用や検出装置の較正(キャリブレーション)等の業務に協力して頂くこともあります。

宇宙科学研究所の他の研究室の学生は将来の衛星計画に向けて、機器開発や実験に従事することが多いですが、私が所属する学際科学研究系では実験は行なっておらず、そのかわり科学衛星データベースDARTSやその他の情報システムの開発・運用を行っています(これが私のJAXAでの業務です)。また、先端的な情報科学技術を活用した新たな天文データ解析手法の研究も行っています。もし興味があれば、大学院生もそういったシステム開発や情報科学的な研究に参加することも可能です。

プロフェッショナルな天文学研究者になるのは狭き門です。しかし、私は、大学院で天文学を学ぶことは、データ解析の技術、問題解決能力や論理的な思考能力、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力などを幅広く身につける絶好の機会であり、それは社会のどの分野においても必ず役に立つと考えています。当研究室の卒業生は、大学院で学んだ知識や経験を生かし、社会の様々な分野で活躍しています。 卒業後の進路については今はあまり悩まず、大学院で楽しく天文学を学んでみませんか?

上に戻る

入学・編入の方法

研究室(大学院)に入るには、以下の2通りの方法があります。研究環境はどちらも全く同じです。

  1. 東京大学大学院 理学研究科 天文学専攻 ... 入学試験を受ける。M1から始まる修士入学と、D1から始まる博士入学がある。
  2. 宇宙科学研究所 特別共同利用研究制度 ... 他大学に在籍しながら海老沢研に所属する制度。毎年応募できる。
上に戻る

メリット

宇宙研で研究するよい点

  • 静かな研究環境 ... 相模原キャンパスは閑静な住宅街にあります。また、宇宙研は大学と違うので、大学生(=夜遅くまで騒ぐ人)がいません。学生は大学院生のみなので、研究に集中できます。
  • 宇宙科学研究の中心 ... 飛翔体を用いた宇宙科学研究で、宇宙研は世界の中心の1つです。いろんな人工衛星を開発、打ち上げ、運用しているので、何かと世間の注目を浴び、友達にも自慢できます(かも?)。JAXAのIDカードももらえます。
  • 人工衛星の運用に直接参加できる ... 関連大学でもできますが、宇宙研の学生はその機会が多いです。人工衛星に送信するコマンドの作成や運用を行います。
  • 夜遅くまで研究室にいてもよい ... 私立大学では夜に締め出される場合が多いですが、宇宙研は(許可さえ取れば)いつまでも研究していて構いません。
  • たくさんの関連研究室 ... 宇宙研のX線グループには、他にも、満田・山崎研高橋・国分研堂谷研、石田研があり、学生の数が多いです。部屋も入り交じって、一緒に多様な研究をしています。

海老沢研で研究するよい点

ほかの研究室でもある程度同様と思いますが、
  • 海外の観測遠征に出かけられる ... 宇宙研の他のX線グループと違うところは、人工衛星とあわせて、地上望遠鏡を用いた観測を積極的におこなっていることです。ですので、自分の観測データを取得するために、海外の僻地へでかけられます。毎年、大学院生は、ハワイや南アフリカに行っています。
  • みっちり指導 ... 大学院生1人ずつ、毎週1回1時間半の研究ミーティングをしています(普通の研究室では、だいたい、大学院生全員で毎週1回1時間半のようです)。
  • 研究論文が(努力次第では)初年度に書ける ... 初年度から、論文になりそうな観測データの解析をし、さらにみっちり指導するので、頑張れば1年目に自分の論文を書く事ができます。
  • 朝から晩まで働かされる ... 大体、研究ではテーマを見つけるのが一番難しいので、やることがたくさんあるのは、単純によいことです。


上に戻る